一色正春さん 尖閣と自衛隊 2021年3月15日

尖閣諸島自衛隊が赴くと 日本が先に軍事力を行使したと非難される と仰る方が少なくありませんが 他国が我が国の領域を 侵略しようとしている事態に 世界の国々と同じように軍事力を行使して守る事の 何がいけないのか良くわかりません

※だから自衛隊を出せという単純な話ではありません

 

******************************************************************************************

 

我が国の領土に 我が国の人間が赴いてナニが問題か

 

相手の出方次第ですが、中共に何処まで常識が通用するやら?

 

我が国領域で遠慮するとか、自国民に対しあったとしても、他国に対してする必要は無いですね。

 

自衛隊が自国の何時・何処に展開しようが他国に文句言われる筋合いはありません。 勿論、時局によってタイミング等、諸々の制限はあるにせよ。

 

その非難がなぜか国内から出るのが問題だと思います、、

 

今まさに国土が脅かされている土地を護るために、日本国の防衛を敷く。 当然の措置です。 中国が日本領土を実効支配してからでは、それこそ攻撃しかなくなってしまう。 専守防衛では遅い。現状先手の防衛こそ、一番平和的な方法だと思います。

 

領土を守るのは当然ですが、現状日本の漁船が危険な状況です。 国民の生命と安全、そして財産を守ると憲法に書いてあります。 行くべきとかいう問題ではなく、行けなければいけないんです。

 

これが複雑になってる最大の理由は、相手国が宣戦布告する理由を作ることになるからですね 今の日本に電撃戦を起こされた場合対応できるかは怪しいです この場合、領土のために軍事力を行使するのは国民の安全にとってどうでしょう 我々はすでに後手に回っており、連携によってしか防衛できません

 

敷地に入って挑発や悪態つきまくってるけど まだ手はだしてないオラついたチンピラや 不良のたぐいが殴ってみろやと 顔突き出してる状態が尖閣の今

 

自国の船がたまたま尖閣の近くを通っても何の問題にも成りませんし、その船がたまたま海上自衛隊の船だったとしても偶然ですね

 
❗

その位の言い方が出来ないと中国の相手は出来ないと思います。

 

小野寺元防衛大臣はじめ、防衛専門家でもそのような論調が多いです。相手は海警なのに自衛隊が出たら、日本が挑発したと中国が世界に発信し、日本が批判されると。 言われたら「海警は事実上の軍隊であり、主権侵害行為に対応した正当な行動である」と言い返せばいいじゃない

 

中国は、国家総動員法制定し、中国国民全員に国家の命に従い、有事には様々な軍事活動が義務付けられました。 日本も世界中に渡航してる中国人は準軍人です。 日本国内に、普段我々がコンビニ等で接するバイト中国人も。 世界中の国の中に準軍人を置いてる支那尖閣自衛隊が居て何が悪いんでしょう

 

国際社会にいかに「中国が先に手を出した」と認識させるかの戦いですね。 一色さんの功績は素晴らしい。

 

我が国には、

 
下向き矢印

のような主張をなされる「パヨク」と呼ばれる方々が大勢いるからです。

画像

 

画像

 

確か主張の根拠は 海警に対し海自が出ることで

①チャイナが侵略した訳ではない

チャイナの領土を日本が侵略した

旨世界にアピール

②海自に対し海軍を出動させて

領土問題が無い所に無理くり

領土紛争を発生させて

領土交渉に日本を引きずり出し

折半に持ち込む

だったはず