トランスジェンダー選手の出場に異議あり 当然ですよね 2021年6月6日

f:id:superred:20210609194548p:plain

【海外発!Breaking News】

五輪初トランスジェンダー選手の出場に「悪い冗談だ」 

ベルギーの女子重量挙げ選手が異議  2021年6月6日

 

7月23日から17日間にわたって開催される予定の「東京2020オリンピック競技大会」だが、国際オリンピック委員会IOC)が2015年に策定したガイドラインによりオリンピック初のトランスジェンダー選手が出場する見通しになっている。しかし多くの異議の声があがっており、ベルギーの女子重量挙げ選手が「悪い冗談のようだ」とIOCを非難した。『New York Post』『insidethegames.biz』などが伝えている。

 

今年東京で開催されるオリンピックにトランスジェンダー選手が初出場することについて、ベルギーの女子重量挙げ選手アンナ・ヴァン・ベリンゲンさん(Anna Van bellinghen、27)がメディアを通してIOCに異議を唱えた。

焦点になっているのは、トランスジェンダーであることを公表しているニュージーランドの重量挙げ選手ローレル・ハバードさん(Laurel Hubbard、43)についてだった。ローレル選手は男性として生まれ、2013年に35歳で女性に性転換している。それまでは男子競技に出場していた。

その後、2015年にIOCが策定したガイドラインにより、トランスジェンダーの女性選手は男性ホルモンのテストステロン値が競技の前の12か月間、規定値(10nmol/L)以下であれば女子競技に参加することができるようになった。

これによりローレル選手はガイドラインに基づいた上で、女子重量挙げの大会に何度も出場して優秀な成績をおさめてきた。また今のところオリンピック出場についても同様のルールとなっており、ローレル選手は東京オリンピックの出場資格を持っているのだ。

この策定に多くのアスリートやスポーツ関係者から異論があったものの、これまで表立って声をあげる者はいなかったようだ。しかしこのほどアンナ選手がスポーツ情報サイト『insidethegames.biz』に、トランスジェンダー選手に関するIOCの判断について「女性アスリートにとって悪い冗談のようなものだ」と苦言を呈した。

アンナ選手は「トランスジェンダーのコミュニティについては全面的に支持しており、彼らのアイディンティティを否定するものではない」と前置きしたうえで、次のように語っている。

 

トランスジェンダーの皆さんのために競技出場に関するルールを定めることは、様々な状況を考慮しなければなりません。実際には非常に難しいことであり、トランスジェンダーとそうでない者の双方が満足のいくような解決策を見出すことは恐らく不可能だと思っています。」

「しかしながら重量挙げを高いレベルでトレーニングしている方なら、誰もがこの“特殊な状況”がアスリートにとって全くもって公平ではないという事実を骨身に染みるほど分かっているはずです。」

「それなのに、(ローレル選手が)思春期から女性に性転換する35歳までの約20年間、完全な男性ホルモンシステムが機能していた身体で(生物学的な)女性と戦うことが、今さら有利かどうかなんて議論しなくても分かることじゃないですか?」

「スポーツ業界の権威者にとっては、確かにこのような稀な状況を調査していくことは簡単なことではなく、多くの実行不可能な状況があると理解しています。でもこれらは従来のアスリートにとって、完全に悪い冗談のように感じられます。」

さらにアンナ選手は、トランスジェンダーの女性選手の競技出場が増えるにつれて、従来の生物学的に女性である選手のメダル獲得やオリンピックへのチャンスの道が閉ざされてしまうことを懸念し、IOCなどの機関により厳格なルールを設ける必要があると強く訴えている。

また「サモア重量挙げ連盟」のジェリー・ウォールワーク会長(Jerry Wallwork)も、同様の意見をこのように語った。

 

「私は2018年、ローレル選手のオリンピック予選出場を反対した1人です。私たちが育ててきた女性選手が、ローレル選手と対戦してオリンピックへの道を閉ざされる可能性が出てくるのです。しかしながら、私たちは彼女を非難し続けることはできないとも思っています。」

「女子重量挙げ競技へのトランスジェンダー選手の参加を認めたのはIOCなのです。これはIOCのトップが変えていかなければなりません。この問題をもっと調査するか、トランスジェンダーの重量挙げ選手のための別のカテゴリーを設ける必要があると思っています。」

またジェリー会長は「女性は平等な競技に出場する権利がある」とし、「この状況は誰かが薬物やドーピングなどを使用して競技に参加するような公平の保たれない状況とほとんど同じだ」とも述べている。画像は『It Gets Better Paraguay 2017年3月29日付Instagram「#LaurelHubbard es una halterófila (levantadora de pesas)」』『Anna Van Bellinghen 2021年5月15日付Instagram「Second competition post-injury and a 8kg total improvement (as well as some visible leg gains). 」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

 

トランスジェンダー選手の五輪出場「悪い冗談」ベルギー女子選手がIOC非難 - ライブドアニュース (livedoor.com)

*********************************************************************************************

 

フェミだの、ジェンダーだのLGBTだのの運動の胡散臭さが世界中に理解される良い機会だ。性的少数派の権利云々を言い出したらキリが無い。最近ロリコン発言した試し腹種族の野盗議員が大喜びするだけだ。

 

フェミだの、ジェンダーだのLGBTだのの運動の胡散臭さが世界中に理解される良い機会だ。性的少数派の権利云々を言い出したらキリが無い。最近ロリコン発言した試し腹種族の野盗議員が大喜びするだけだ。

 

厳然とした決まりを作らなかったら、メダルを獲得するためだけに、LGBTでもない選手が一時的に「女性」を主張して出場するという事態もあり得るかもな。

 

誰の目から見ても公平ではないな
性差のカテゴリーを4種類にしたとき競技として公平と云えるが、その枠に落とし込むことが差別だって騒ぐ輩のせいで頓挫

ジェンダー取り扱いの論法が根底から間違っているという証

 

肉体の性能を測る競技では肉体の性別で分けないといかんだろw
各種競技の男女の記録を比較すればそんなものは自明の理だと思うのだがねぇw
メダルを元男が独占し体も心も女性の選手がスポーツの世界から追い出されても平等だと言うのかねぇw

 

たとえ改造手術してるとしても、過去20年くらいまでのカルテと
ホルモン注射接種状況と検査結果を提示しないと無理ってしろ
そうしないなら、こんなのある意味ドーピングと変わらんよ

トランスジェンダー治療として改造手術したならカルテあるだろ
取りたいから取ったなんてのは認めんな
女子競技が悉く荒らされるぞ

 

トランスジェンダーって、ggると「別」ってはなってるけど、
広義で見れば「性同一性障害」だろ
つかオリンピックではそう定義づけて、パラリンピックに別枠で
トランスジェンダー」を作ればいいんじゃね
性同一性「障害者」だし

それが嫌なら大人しく男として登録しろ

 

結局のところLGBTって訴えている側こそが差別主義者だよな
そもそも権利を訴える以前に病気でなければ嗜好の問題だからね
それを受け容れる社会かどうかなだけの話
受け容れられないのにはそれなりに理由があるとは考えないのかねぇ?

 

こういう声だけでかい似非差別廃止主義者ってがん細胞と同じだよな
早く治療(区別・隔離)しないと正常な人間社会が維持できなくなる