「峨嵋山樹林」ドリルなどで傷 樹木207本被害 2021年6月17日

国天然記念物「峨嵋山樹林」、ドリルなどで傷 樹木207本被害

2021年6月17日  毎日新聞

 

山口県は15日、光市の県立室積公園にある国指定天然記念物の峨嵋(がび)山樹林で、樹木207本がのこぎりなどで人為的に傷つけられているのが見つかったと発表した。光署が文化財保護法違反などの疑いで捜査している。

 県自然保護課によると、県が委嘱する自然公園指導員が1日、パトロール中に損傷を見つけた。7日に詳しく調べたところ、公園内の約0・5ヘクタールの範囲で、ヤマモモやスダジイなど207本が切り倒されたり、切り込みを入れられたり、ドリルで穴を開けられたりしていた。2月中旬の前回パトロールでは異常はなかったという。11日から現場を立ち入り禁止にし、近隣の小学校などに注意を呼び掛けている。

 峨嵋山樹林は、瀬戸内海西部沿岸を代表する常緑樹林で1932年に国の天然記念物に指定された。同課の担当者は「自然林が残る貴重な場所。県民の財産であり、傷つけるのはやめてほしい」と話した。【脇山隆俊】

f:id:superred:20210617212904p:plain

国天然記念物「峨嵋山樹林」、ドリルなどで傷 樹木207本被害 - ライブドアニュース (livedoor.com)

 

*********************************************************************************************

国の天然記念物「峨嵋山樹林」で樹木200本に被害

06月16日 NHK

光市にある国の天然記念物の自然林、「峨嵋山樹林」でおよそ200本の木が切り倒されたり穴が開けられたりしているのが見つかり、山口県は15日、文化庁に被害を届け出ました。

被害が確認されたのは、光市室積にある国の天然記念物に指定されている自然林、「峨嵋山樹林」です。
山口県によりますと今月1日、自然公園の指導員が峨嵋山樹林をパトロール中に、大量の木が倒れているのを見つけたということです。
県が調べたところ、およそ0.49ヘクタールの広さにわたってヤマモモやスダジイなど、207本の木が切り倒されていたり、直径およそ1.5センチの穴が開けられたりしているのが確認され、被害を受けた木の多くが枯れたということです。
県は警察に通報するとともに、15日文化庁に被害を届け出ました。
山口県は今後、傷つけられた木を撤去した上で、文化庁と協議をしながら自然林の再生方法を検討することにしていて、山口県自然保護課は「こういった被害は初めてだ。自然林が残っている貴重な場所なのでこういった行為はやめてほしい」と話しています。
峨嵋山樹林は、光市室積にある標高117メートルの峨嵋山一帯に広がる自然林で、昭和7年に国の天然記念物に指定されています。
山口県によりますと、樹林の広さは13.76ヘクタールで、ヤマモモやコジイ、それにウラジロガシなどの常緑樹が自生していて、戦時中も樹木が伐採されず、本来の植生が残る貴重な自然林だということです。
県は昭和23年から、峨嵋山樹林を含む一帯を県立室積公園として整備していて、年間およそ7万5000人が訪れているということです。

【専門家 除草剤が使われた可能性】
国の天然記念物に指定されている光市の峨嵋山樹林の木が、何者かに傷つけられたことについて専門家は、木の多くが枯れていることから除草剤が使われた可能性を指摘しています。
傷つけられた峨嵋山樹林の映像を見た山口植物学会の南敦会長は、切り倒された木だけでは無く、直径1.5センチほどの穴が開けられた木も枯れていることから、「穴を開けただけで枯れるとは考えにくい。穴に除草剤を入れた可能性があり、ある程度植物に詳しい人が悪意を持ってやったのではないか」と指摘しました。
その上で南会長は、「樹林全体への影響は少ないが、樹齢300年から200年の木も被害を受けている。木が育つには相当な年数がかかり、数百年たたないと元に戻らないのではないか」と話し、再生には長い年月が必要だという認識を示しました。
また近くの住民で、峨嵋山樹林のボランティアガイドを務めていた松井須賀子さんは「ニュースで見て来たが、これまでうっそうと茂っていた木が枯れて風景が変わってしまった。どうしてこんなことをしたのか信じられないという気持ちです」と話していました。

国の天然記念物「峨嵋山樹林」で樹木200本に被害|NHK 山口県のニュース

 

*********************************************************************************************

 

除草剤を地面(根本)に撒くぐらいじゃ樹木は枯れんよな
果実がその年には成らないとかあるけど
確実に枯らそうしてるあたり、イタズラとかではないわな

 

>穴に除草剤を入れた可能性があり

前に桜に穴開けて枯らした事件と類似性があるな

犯人見つけて穴開けて除草剤流し込んでやれ

 

木に穴開けて除草剤ってあいつらが真っ先に思い浮かんだけど
利用価値ありそうな木と言うより
手あたり次第その辺の木ってとこが謎やね

 

わざわざ穴開けてる時点で確実に枯らしに掛かってるんだし
単なるいたずらじゃないわな。

 

昔は、それぞれの地域の山に営林署とかあって、
国の役人が見回りとか管理とかしてたんだけど、
今はないのかな?

 

手の込み方からして、その辺のガキやチンピラの衝動的犯行でないのは間違いない。明確な害意を持って犯行に及んでいる。さて、どういう類の人間なんでしょうねえ。