中国 パスポート発行停止 これって鎖国? 2021.8.2

 

 

**********************************************************************************************

中国、全てのパスポート発行停止、鎖国決定 | TweeterBreakingNews-ツイッ速! (tweetsoku.com)

2021.08.02

 

国家出入国管理局:通常のパスポートやその他の出入国書類は、不要不急の理由では発行しない。
北京 7月30日今朝、国家移民管理局は北京で記者会見を開き、2021年上半期の移民管理の主なデータを伝えた。
上半期に全国の港で処理された本土住民の出入国書類は122万4,000件、香港・マカオ・台湾への渡航証明書は317万9,000件、中国国内の外国人に発行された居留証は38万件であったことがわかっています。
また、一般のパスポートは、留学や就職、ビジネスなどの目的を中心に、全国で計33万5,000件が発行され、発行量は2019年の同時期の2%にとどまりました。

国民の健康と生命を守り、海外での伝染病の輸入を効果的に防止するために、国家移民局は一連の厳格で厳しい政策措置を実施している。 “通常のパスポートなどの出入国書類は、緊急性のない出国理由では一時的に発行されず、
申請者は緊急性のある必要な理由がない場合は、海外への出国計画をキャンセルまたは延期することをお勧めします。” 国家移住管理局のスポークスマンであり、政策・規制部の部長である陳潔氏はこう語る。

一部の人々が、パスポートなどの出入国書類の申請が難しいと反省しているという問題に対し、陳潔は「我々も具体的な問題の分析を必要としており、『一長一短』ではなく、留学、就職、ビジネスなど、純粋に申請を必要としている人々に対して、審査が通った後、時間内に発行することを認めている」と回答しました。
入国・出国書類の発行 特に、国際的な伝染病の予防と制御に参加するため、また仕事や生産を再開するために出入国を必要とする中国国民に対して、
優先的な承認と24時間の迅速な処理サービスを率先して提供し、世界的な伝染病の予防と制御を支援し、経済生産の回復を加速させていきます。”

伝染病の予防と制御の仕事は、一般市民の支持と協力なしにはできません。国家出入国管理局は特に、中国国外ではまだ伝染病が効果的に制御されていないので、
国内での伝染病の予防と制御の苦労して得た成果を大切にし、伝染病予防規則を厳格に守り、緊急で必要な場合を除いて海外に渡航しないことが重要であると注意を促しています。

 

**********************************************************************************************

 

**********************************************************************************************