フィンランドは素晴らしい? 性犯罪が問題になっているようですが・・・ 2021.8.14

**********************************************************************************************

www.chunichi.co.jp

 

2021年8月14日 中日新聞

 

性自認に沿わない利用を余儀なくされ、苦痛を味わうことがないように、男女の区別をなくした「オールジェンダートイレ」。性の多様性に配慮して広がり、世界では「もう珍しくない」という国や地域も。日本でも徐々にではあるが、大型商業施設や公立学校などで設置の動きが出ている。
 フィンランド政府が七月、在日大使館内に自国PRのために開いた施設「ホーム・オブ・フィンランド」は、トイレの個室五つ中三つに男女共用のマークが。理由を聞くと「ジェンダーに配慮」「平等」と返ってきた。
 広報担当参事官のレーッタ・プロンタカネンさんによると、新しい建物や施設の多くが共用トイレを設けるようになっているという。「世界一優れた公共図書館」に選ばれたヘルシンキ中央図書館も、洗面台を囲む形で個室が並び、性別に関係なく誰もが使える。
 プロンタカネンさんは「トイレは女性用だけ混雑しがちだが、これなら効率的。他人に性別を判断されたくない人も安心して使える」。のぞき対策として、扉の上下にあった隙間もなくした。フィンランドでは「男か女か」で物事を区別するのをやめようという流れで、軍の寮も男女同室を選べる。

 

**********************************************************************************************

 

 

gendai.ismedia.jp

 

レイプをめぐって…

フィンランド法務省の性犯罪法改正委員会は2020年7月7日、同意のない性交をレイプとする改正案を提出した。「性犯罪法の全面的改正」と題された315ページにおよぶ報告書だ。

現行法は暴力または脅迫によるもの、自衛能力のない状況下での性交をレイプとしている。しかし、改正案ではこうした要件ではなく、同意がないことが最も重要な基準になる。暴力や脅迫はなくても自衛しなくても、同意していない場合の性交はレイプであり犯罪になるのだ。

同意していないことを示すのは言葉のほか、表情、ジェスチャー、または「その他の行動の欠如」である。

 

( 以下略 )

 

**********************************************************************************************

**********************************************************************************************

**********************************************************************************************