アリゾナ州上院 2020年選挙に関するマリコパ郡の法廷監査結果 9月24日に発表 2021.9.23

**********************************************************************************************

 

totalnewsjp.com

 

アリゾナ州上院は、2020年の選挙に関するマリコパ郡のフォレンジック監査の結果を、9月24日(金)に発表する

 

報告書は「アリゾナ州上院共和党の広報担当者によると、9月24日(金)に予定されている公聴会で公開される」とCBSが報じた。

金曜日には、アリゾナ州上院議長のカレン・ファンが、上院はマリコパ郡監督委員会との間で和解に達し、これまで召喚状で要求していた追加の文書や機器を受け取ることになったと発表した。ファン氏は、金曜日に発表した声明の中で次のように述べている。

マリコパ郡は、本日上院と和解した。上院は選挙の完全性とアリゾナ州の納税者のために勝利を収めた。この合意により、郡が費用を負担するスペシャルマスターが設置され、2020年の選挙で使用されたルーターやsplunkのログに関して上院が抱いていた疑問に対する答えを得ることになる。

 

2020年のマリコパ郡の選挙結果の法廷監査の結果が何を明らかにするのか、アリゾナ州だけでなく全米でも関心が高まっている


7月にアリゾナ州のOH Insights社が発表した世論調査によると、アリゾナ州共和党員のほとんどが、監査によって2020年の同州での大統領選でドナルド・トランプが勝利したことになると考えていることがわかった。

ペンシルバニア州ウィスコンシン州など、他のいくつかの2020年の激戦州では、アリゾナ州に続いて、2020年の選挙結果に対する独自版の監査や調査を始められ、また、2020年の激戦州であるジョージア州ミシガン州では、より限定的な調査や監査が進められていたり、検討されている。

トランプ氏がアリゾナ州の11選挙区(バイデン氏の勝率が11,000票未満)、ジョージア州の16選挙区(バイデン氏の勝率が12,000票未満)、ウィスコンシン州の10選挙区(バイデン氏の勝率が21,000票未満)。もしこれが逆転すると、選挙人団の争いは269対269の同数となり、各州の代表が1票を持つ下院に選挙が投げ込まれることになっている。(現状はトランプ236:バイデン306)

 

**********************************************************************************************