恒大集団経営の広州FC 財政難のためカンナバーロ監督との契約破棄 2021.9.24

news.yahoo.co.jp

2021.9.24 超WORLDサッカー

 

中国の不動産大手である「恒大集団」の経営破綻が大きな話題となり、中国経済へ与える影響の大きさが連日報道されている。

その「恒大集団」が保有し、かつては中国のみならずアジアサッカー界を席巻していた広州FC(元広州恒大)だが、財政状況がクラブへ与える影響が非常に大きくなっている。

中国『捜狐(sohu.com)』によると、選手へ支払われる給与に関しては、9月分が10月に支払うことが発表されたが、苦しい財政状況を考えるとそれもかなわないとのこと。チームの運転資金を「恒大集団」に回すことになるようだ。

その中、指揮を執る元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ監督(48)に対し、広州FCが退団を求める交渉をスタートしたとのこと。現在リーグ戦は中断されている中、ヨーロッパに滞在していたカンナバーロ監督は中国に戻る予定だったが、クラブからの通達を受けて中国へ戻るのをやめたという。

カンナバーロ監督もクラブの財政難を理解しており、この要請を受け入れるとされている。2023年まで契約を残していたカンナバーロ監督は、最大で1億2000万元(約20億5000万円)の給与をもらう予定だったが、残りの契約を破棄し、クラブを助けることを選ぶようだ。

まだ交渉段階ということもありクラブから公式発表はなされていないものの、契約は正式に終了するとされており、新監督はかつてセルティックにも所属し、2010年から広州FCでプレーする中国代表MFチェン・チー(41)が務めることになると見られている。

カンナバーロ監督は、2014年11月にマルチェロ・リッピ監督の後任として監督に就任。2015年6月に退団し、アル・ナスルや天津権健(2020年に解散)で指揮を執り、2017年11月に再び監督に就任していた。

広州FCでは公式戦148試合を指揮し、90勝29分け29敗の成績。2018-19シーズンに中国スーパーリーグを制していた。

 

**********************************************************************************************

 

バブル崩壊を経験した日本から見ればいずれこういう日が来るのは十分予想できてた。
この景気は終わらないと豪語してた中国企業も多々いたが、恒大のこの件はただの一例になると思う。

 

やはりそうなったか・・・

広州恒大は中国サッカー1の規模を誇るクラブだからソコが破たんするとなると中国サッカー界そのものが打撃を受けるコトになる

中国サッカーの強化を国策と打ち出した習近平はどーすんだ?

 

破綻するまでこういう問題が表に出なかっただけかもしれないがそこまでは払ってたと考えるとまだまともな方

ほとんどのクラブは経営を維持するために給料を払わず選手だけ不利益を被ってクラブは続けてる

 

金がなければこんなリーグからは皆逃げ出す。